組込みソフトウェアならエンファシス

組込みソフトならエンファシス

エンファシスとは

受託ソフトウェア~自社開発まで

受託ソフトウェア~自社開発まで

エンファシスは、設立より主に「組込みシステム」の受託開発に携わってきました。

DVD/BD プレイヤー、デジタルカメラ等の家電製品、カーオーディオ、カーナビゲーションシステム等の車載機器関連を得意としており、その豊富な経験と実績から各メーカーの商品開発に貢献してまいりました。

また近年では Android OS 上で動作する「モバイルアプリケーション」の受託開発、IoT、AI、ロボット分野の発展を視野に入れた取り組みにも力を注いでおります。

そして、もう一つの事業の柱である「自社製品」(アイスイッチ)は、当社が得意とする組込み処理技術および画像処理技術を生かした、福祉分野向けの画像処理機器です。

 

今後も社会に貢献できるものづくりを目指し日々邁進していきます。

受託ソフトウェア開発案件の一例

  • DVD/BDプレイヤー
  • デジタルカメラ
  • Androidアプリ
  • 福祉機器
  • カーナビゲーションシステム 他多数

代表取締役 有田 邦朗

代表取締役 有田 邦朗

エンファシスは、2003年に「お客様の視点に立ち、お客様の未来を見据えた最適解のソリューションを提案する企業」を目指しスタートしました。

目まぐるしく変化する情報化社会において、当社はAV圧縮伸張技術をプラットフォームに持つアプリケーションシステムの開発に強みを持ち、長年 家電や車載情報機器に搭載される組込みソフトウェアの受託開発を行って参りました。

日々進化するIT技術により、我々の暮らしは便利で豊かなものになったのも事実ですが、一方でその恩恵に与れない方も大勢いらっしゃいます。「必要とされている方に必要な技術を」を目標に掲げ、近年、画像処理機器に関する企画開発部門を立ち上げました。その第一弾として「視線の向き」で操作するスイッチ「アイスイッチ」の製品開発をスタートしております。アイスイッチはALS(筋萎縮性側索硬化症)等の四肢が不自由な方を対象にした福祉機器で、当社が長年取り組んで参りました組込み技術、画像処理技術を基礎としています。

今後も、当社の柱であるAV機器関連技術をさらに伸ばしつつ、継続的な業績拡大を目指すと同時に新たな創造に尽力して参ります。

ロボット業界の活性化を目指して

ロボット業界の活性化を目指す

RobiZyプロジェクトは「ロボットビジネスに関する調査研究・事業活動の支援を展開することにより、IoT、AI、ロボット分野の活性化・高度化を促し、安全・安心で円滑・継続的なロボットビジネスの実現を図ること」を目的をとしたものです。

エンファシスはいち早くこのプロジェクトに参加、ロボット業界の更なる発展に貢献していく所存です。今後の活動にご期待ください。

RobiZyサイトからの引用

RobiZyプロジェクトはロボット販売側とユーザ側をつなげるプロジェクトです。

RobiZyプロジェクトは2016年1月、ロボット業界の活性化を目指すべく、たちあがりました。RobiZyはRobiZy自体が利益を上げる仕組みを作ることで、多様、かつ、恒久的なサービスの提供を目指しています。

当プロジェクトは産・官・学を問わず、ロボットビジネスに携わる人々の思い、夢、希望を取り込んだ仕組みを構想中です。このプロジェクトの成否は皆さまにかかっています。

ぜひ、RobiZyプロジェクトに参加し、共に、ロボット業界の活性化を目指しましょう!

RobiZy 公式サイト

IoT・AI・ロボットのRobiZyプロジェクト

その他の加盟団体

組込みシステム技術協会
  

会社案内

エンファシスの会社概要、経営方針、品質方針、情報セキュリティ方針などの情報です。

詳細はこちら

事業内容 - 受託ソフトウェア

設立当時から携わっている事業の柱になります。画像処理技術から医療関連、福祉機器まで多岐に渡ります。

詳細はこちら

事業内容 - 自社開発

「必要とされている方に必要な技術を」を目標に画像処理機器に関する部門を立ち上げました。その第一弾「アイスイッチ」の開発をスタートしています。

詳細はこちら

採用情報

エンファシスでは、年齢に囚われない評価システムを採用しており、やる気のある方、才能のある方を最優先しております。